社労士試験をフォーサイトのみで合格する勉強法

おススメの通信講座

今回は、私の社労士試験の2年目で利用したフォーサイトの特徴をまとめて、社労士試験をフォーサイトだけで合格するための勉強方法をまとめてみました。

フォーサイトを選んだ理由

まず私がフォーサイトを選んだ理由は、1年目の独学の失敗を自己分析した結果、自分の頭では独学では合格するのが難しいと判断したからです。

1年目の失敗した原因
・分からないことがあってもあやふやにしていた
・どの科目を優先的にするのか、また同じ科目であってもどの分野が重要度がはっきりわからなかた
・法改正・白書・統計対策が弱かった
・意志の弱い自分は独学だと勉強のペースを守れなかった

そこで、2年目は、独学ではなく、予備校か通信教育の2択でしたが、休みが不定期の私には予備校に通える自信がなく、通勤時間やスキマ時間でも勉強ができる通信教育を選択しました。

そこでいろいろ各社のサイトやTwitterなどで確認したところ、自分の弱点を補えるのはフォーサイトが一番適しており、価格も非常にリーズナブルだったので、フォーサイトを選びました。

ォーサイトを選んだ理由
・テキストがフルカラーで見やすかった
・「道場破り」というe-ラーニングがあった
・合格率が高かった
・価格がリーズナブル


フォーサイトの社労士テキストの特徴

写真を見てもらえれば分かるように、フォーサイトのテキストは全ページフルカラーです。実際に勉強していてこのテキストの優れた点を紹介します。

・全ページカラーだったので見やすく、また重要項目ごとに色分けされているので、暗記や復習に最適な構成になっている
・イラストや図が多用されており難解な事項も分かりやすかった。視覚的に勉強できたのがよかった
・合格するための知識がこのテキストに凝縮されている

1年目の私は、勉強していてもどこが重要な項目なのか判断できないことが多かったです。社労士試験の勉強する範囲は非常に膨大です。細かな知識ばかり覚えても時間が足りません。まずは重要項目から勉強していくことで、次第に、全体像が見えてきます。フォーサイトのテキストは重要項目ごとに色分けされていたので、一目で重要項目かが分かり、勉強しやすかったです。

また、2年目の私は、社労士試験のテキストは、このフォーサイトのテキストしか利用していません。勉強中は、このテキストだけで大丈夫かと不安になったこともありましたが、合格して言えるのは社労士試験に合格するための知識は、このフォーサイトのテキストだけで十分です。

フォーサイトの「道場破り」は超おススメ

フォーサイトに「道場破り」というe-ラーニングがあります。これがなければ合格できなかったのではないかと断言できるぐらい有益なものでした。

この「道場破り」はPCやスマホなどから、講義の動画やテキスト、問題を見ることができるので、通勤時間やスキマ時間を有効に活用して勉強することができます。私は、この「道場破り」をスキマ時間があれば見てました。その結果、何度も見ることによって記憶も定着できるようになりました。

余談ですが、独学時にU-CANのテキストを毎日持ち歩いていましたが、重たかったです[*2019年度から分冊できるみたいです]。その点、この「道場破り」はスマホなどからでもテキストも閲覧することができるので、持ち運ぶ手間もなく、どこでも勉強することができて便利です。

またこの「道場破り」は自分のスケジュールを入力するだけで、自分にピッタリの学習スケジュールを作ってくれるので、学習プランが立てやすいです。特に初学者の方は、いつまでにこの科目を終わらせたらいいかが分からず、闇雲に学習し、結局は最後まで勉強できなかったり、最後の方が手薄になったりする方もいますが、この道場破りはいつまでにこの項目を終わらせたらいいと示してくれるので、迷うこともありません。ついついサボりがちな人でも、スケジュール通りに勉強するだけなので、気付かぬうちに実力がついています。

いつも計画倒れになっていた私にとっては非常に有益でした。

また、この「道場破り」は自然と記憶に残るように工夫されているようです。「道場破り」の手順通りにすれば、何度も講義を視聴したり、テキストを読んだり、過去問を解いたりすることになるので、自然と記憶が定着してくるのを感じました。

「道場破り」は無料体験もあるので、ぜひ、体験してみてください。https://www.foresight.jp/trial/

まとめ

社労士試験の勉強を考えている方や、なかなか合格できない方には、見やすいテキストがあり、また通勤時間やスキマ時間にスマホやタブレットで勉強ができる【道場破り】があるフォーサイトがおススメです。

このフォーサイトのテキストと問題集、過去問以外に手を広げる必要がないくらい充実しています。

無料のテキストサンプルも請求できるので興味がある方は請求されてみてはどうでしょうか。

皆さんも合格を勝ち取りましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました