社労士試験は通学・通信講座・独学どれがおススメ?!

社労士試験の勉強法

社労士試験を受験すると決断した際、[通学]、[通信講座]、[独学]のどれにするのか迷うことになると思います。ただ悩んでばかりいても時間は過ぎるだけです。どの手段を選ぶにしてもメリット・デメリットはあるので、なるべく早めに決断して、勉強を始めた方がいいと思います。

そこで今回は、社労士試験を勉強する方法として、[通学]、[通信講座]、[独学]のメリットとデメリットも紹介するので参考にしていただければと思います。

通学or通信講座or独学のメリットとデメリット

独学のメリットとデメリット

独学のメリット

・通学や通信講座に比べてお金をかけずに勉強が始められる
・マイペースで勉強ができる

独学のデメリット

・効率よく勉強ができない
・自分自身の勉強するという強い意志が必要
・不明点があっても質問できない
・法改正がリアルタイムで入ってこず、白書統計対策も弱い
・市販のテキストは重たいので、持ち運びには不便

独学に向いている人

通学や通信講座を受講し、今回は不合格だった人であれば、今年は独学といった方であれば、社労士試験の概要については把握されていると思うので、去年のテキストなどを用いて勉強することは可能だと思います。

ただこれから社労士試験の勉強を始められる方は、独学だけは避けましょう。市販のテキストを全部覚えたら合格できるんでしょ?!って思われる方もいますが、社労士試験は範囲も膨大なので、試験に出るところと出ないところ、また今年狙われる論点などを重点的に勉強するといった取捨選択することが必要になってきます。

独学の場合、その取捨選択が分からず効率の悪い勉強になりがちです。
そんなにお金をかけたくないといった場合は、通信講座で勉強されることをおススメします。

通学のメリットとデメリット

通学のメリット

・テキスト自体が合格するために工夫されており、合格するための知識が網羅されているので、効率的に勉強ができる
・不明点があっても講師などに質問ができる
・周りに同じ勉強をしている人がいるのでモチベーションは上がる

通学のデメリット

・通信講座や独学に比べると費用が割高である
・決まった時間に授業があるのでサラリーマンなどは授業に受けられない可能性がある

通学に向いている人

通学の場合、独学のデメリットをほぼ解消することができるので、自己管理が難しい方や、独学で受験して失敗した方などには、通学も選択の余地ありだと思います。

また、通学のメリットと言えるのが「同じ勉強をしている仲間が近くにいる」ということです。別に話しかけたり、友達になる必要はありません。ただ周りに同じ勉強をしている人がいるというだけで、モチベーションは高まります。

もし、話せる人ができれば情報交換などもできます。これは通信講座や独学では得ることができない点です。

ただ、通学を選択した場合、自宅や職場の近くに学校があることと、ある程度、時間の融通が利くことが必要になってきます。近くに学校がない場合は、通学時間がもったいないですし、サラリーマンなどで残業などがよくある場合は、通学に不向きといえるでしょう。

しかし、通学は社労士の勉強をするにあたり、非常に効率的なので、費用や通学が可能な方は通学がおススメです。ただ通学は授業料などが、通信講座や独学に比べて割高になるので、お金に余裕がないという方には、ほぼ通学と同じ効果のある通信講座もおススメです。

通信講座のメリットとデメリット

通信講座のメリット

・通学と同様に合格する知識が凝縮されたテキストで勉強できる
・合格実績のあるカリキュラムに沿って勉強できるので効率がいい
・マイペースで勉強できる
・不明点があれば対面ではないが質問できる
・法改正や白書統計などの対策もバッチリ

通信講座のデメリット

・通学と違い周りに受験生がいないのでモチベーションを保ちにくい
・独学に比べると料金は高い

通信講座に向いている人

合格実績がある通信講座の教材をカリキュラムに沿って勉強できるので、社労士の勉強方法が分からないとか、どの教材を選べばいいのか悩んでいる方にはおススメです。

合格実績の高いフォーサイトであれば、スマホやタブレットからでもテキストや問題集を解くことができるので、外出先などでも勉強することができます。私も通勤時間やお昼休みといったすきま時間にスマホなどで勉強することができました。

ただ勉強のスタイルは独学とほぼ同じなので、モチベーションを保てるように工夫する必要があります。その点が難しいようであれば、通学講座がおススメです。


まとめ

通学 通信講座 独学
メリット ・決まった時間に授業があるので計画を立てやすい

・不明点があれば質問できる

・勉強仲間がいるのでモチベーションを保つことができる

・マイペースでできる

・不明点があれば質問できる

・独学よりも効率よく勉強できる

・マイペースでできる

・費用が安い

デメリット ・通信や独学に比べて料金は割高

・自分のペースで勉強はできない

・移動時間がかかる

・モチベーションを保つのが難しい ・自己管理が難しい

・モチベーションを保つのが難しい

・質問ができない

・法改正や白書・統計情報が弱くなる

今回は、独学、通学、通信講座のメリットとデメリットについてご紹介しました。

いずれの勉強法を選択しても合格する知識を身に付けることは可能ではありますが、時間は有限です。また社労士試験は範囲広く、覚えることも膨大です。いかに効率よく勉強できて、最短で合格するためには、通学か通信講座を選択されることをおススメします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました